大豆イソフラボン

大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンについて

そもそも大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っていることから、活性酸素の発生を抑制する効能があります。また成分構造は【女性ホルモンであるエストロゲン】とよく似ており、体内に摂取されるとエストロゲンと同じような働きをすることから、植物性の女性ホルモンと言われています。

 

女性ホルモンのエストロゲンについて

女性ホルモンであるエストロゲンは加齢とともに減少していきます。女性の更年期に起こりがちな症状である、頭痛・めまい・耳鳴り・倦怠感・動悸・関節痛・食欲不振などといった更年期障害の多くが、エストロゲン減少によるホルモンバランスの乱れが大きく影響しているとされています。大豆イソフラボンには、このような更年期特有の症状を緩和するといった効能が期待できることから、注目を浴び始めたというわけです。

大豆イソフラボンはどのような効果が期待できるのでしょうか?

大豆イソフラボンはどのような効果が期待できるのでしょうか?

<大豆イソフラボンがもたらす身体への効果について>

更年期障害や2型糖尿病を改善させる効果
骨粗鬆症になるリスクを軽減させる効果
美白・美容を高める効果

それ以外にも、乳がんの発生を抑える効果もあるとされています。

 

そんな効果が期待できるイソフラボンですが、副作用の心配はないのでしょうか?
⇒イソフラボンは自然に存在する成分であり薬ではないため副作用は無いと言われています。

 

とはいえ、過剰摂取は体に良くないと言われておりイソフラボンの摂取目安は、下記となっております。
注1:大豆イソフラボンアグリコンとして70mg〜75mg
注2:特定保健用食品(トクホ)として食品に上乗せする場合は30mg  ※食品安全委員会の指標値

 

食事で豆腐や大豆食品を摂取することが望ましいのですが、健康と栄養を考えて摂取するおすすめの方法は、豆乳飲料です。豆乳は大豆に含まれる成分を一番体に取り込みやすいとされ、改めて注目されています。

イソフラボン効果を最大限発揮するには豆乳飲料がおすすめ

食事に飲み物が必須だから豆乳飲料で大豆イソフラボンを補いませんか?

 

豆乳を毎日摂取することで、健康面だけでなくコレステロールを抑えたり、成人病になりにく身体作りができます。

ポイント

総合評価
商品名
(大豆イソフラボン)
費用 特徴

しみこむ豆乳飲料

しみ込む豆乳

5,500円(税込)

毎日飲む健康習慣をには豆乳飲料がおすすめです。

食事に限らず日々の生活の中で飲料は必要不可欠。朝や夜いつも飲むお茶などの代わりに飲むことで、体の中から健康に生まれ変われます。しみこむ豆乳飲料は、大豆イソフラボンだけでなく、コラーゲン、シルクペプチドなどの成分も多く含まれておりお肌に良くかつ便秘改善効果もあります。

 

体の中から健康になるしみ込む豆乳飲料はこちら>>>

豆乳青汁

青汁

6,615円(税込)

健康飲料青汁に豆乳がプラスされ健康習慣におすすめです。

青汁と言えば、もはや知らない人もいない健康飲料です。そんな青汁に豆乳をプラスすることで、毎日に不足しがちな栄養を手軽に補えます。自分の健康、家族の健康を考えた時に青汁は本当におすすめできます。豆乳青汁で体の中から健康を作りませんか?

 

健康を考える人に選ばれている豆乳青汁はこちら>>>

 

大豆イソフラボンとは、そもそも大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っていることから、活性酸素の発生を抑制する効能があります。また成分構造は【女性ホルモンであるエストロゲン】とよく似ており、体内に摂取されるとエストロゲンと同じような働きをすることから、植物性の女性ホルモンと言われています。大豆イソフラボンを効果的に摂取するには豆乳飲料を利用する方法が一番効果的だといわれています。そもそも大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種で、非常に健康面にも良いため、今見直されています。健康と美容を考える人は、既に豆乳飲料の摂取をはじめています。あなたも豆乳飲料を毎日摂取して健康習慣を手にいれてみませんか?